転職回数が多い人は人生終わりなのか?実体験を元に解説

転職回数が多い人は人生終わりなのか?実体験を元に解説|短期離職・コロナ転職・転職回数・しくじり転職ラボ転職の悩み

「転職回数が多いと人生終わる」「人生詰む」なんて言葉は良く聞きますが果たしてそれは本当なのでしょうか?私はこれまでに7回転職をしてきて今もなお、会社員として働けてますし転職サイトからスカウトも良く来ます。

今回はよく言われる「転職回数が多いと人生終わる説」にフォーカスをして実体験を元に解説していきます。

スポンサーリンク

転職回数が多い人は終わりなのか?

「転職回数が多い人」という言葉は色々な人が含まれています。例えば「転職回数10回」の人や「20代で転職回数3回」の人、「40代で転職回数5回」の人、他にも色々な人が居ると思います。その様に人それぞれやってきた事も違いますし、スキルや経験も違う。

それを一括りにして「転職回数が多い人は人生終わり」という言葉で片づけられるのでしょうか?転職回数が多くても終わる人、終わらない人、それぞれの特徴を見ていきましょう。

【体験談】転職回数が7回の私でも人生は終わらない

私は2021年現在で転職を7回しています。最高長くても4年ほど、それ以外は1-2年が多く6ヶ月未満の超短期離職も2回ほどしています。しかしながら、人生は終わっていません。

年収も1社を除いて毎回上がり続けていますし、転職回数7回でもまだ余裕で転職できると思いますし、転職サイトからスカウトのオファーもまだ来ます。その様な私は転職回数の多さで人生終わっているのでしょうか?

なぜこんなに転職回数が多いのにスカウトがきたりするのか。それは「キャリアの一貫性」と「専門職」という強みが存在しているからです。

私は13年間IT業界でマーケティングをしています。もちろん会社は転々としていますが13年間ずっとマーケティング職なのです。キャリアの一貫性というのは「同じ会社にずっと居続ける事では無い」のです。「同じ職種で居続ける事」なのです。

キャリアの一貫性があれば、「確かに転職回数は多いけどスキル経験がある」と思われるのです。中途採用で転職してくる人に最も求めるのは即戦力です。そこに転職回数の比率はあまりないのです。厚生労働省の調査にもそれが色濃く出ています。

また「専門職」というのも一つの強みです。同じようにエンジニアやデザイナーや営業さんなんかも専門職であると思います。専門職はそれだけで強いのです。

スポンサーリンク

転職回数の多さは経験を武器にする

これは間違いないです。転職回数の多さはキャリアの一貫性からくるその業種での経験を武器にするのです。正直これが無い場合は厳しいと思います。

例えばですがマーケティングの求人に以下の様な人物が応募してきたとします。

▼Aさん
転職回数:6回で2年ずつ営業・事務・配送員・運転手・マーケティング・コンサルを経験。

▼Bさん
転職回数:6回で12年間マーケティングを経験。マネージャーとしても経験あり。

あなたが採用担当であればどちらを採用するでしょうか。私は間違いなくBさんです。
この様にキャリアの一貫性からくる経験は武器になるのです。

20代で転職回数が多い人は終わる?

では次に20代で転職回数が多い場合は人生終わるのでしょうか。

これは20代で転職回数が多いといっても多くて5回ほどかと思います。ほとんどの方が多くても3回前後に落ち着くかと思います。その場合でも20代でしたら大丈夫です。

なぜかと言うと20代という年齢が解決してくれるのです。その転職もキャリアが一貫していたらより転職は容易だと思います。正直20代にバリバリに経験を求める事はそんなにない可能性が高いからです。

しかしながら20代で転職回数が10回などになるとかなり厳しいです。回数というより1社の経験が非常に短いからです。その経歴ですと「超短期間で辞めるのが癖になっていて入社してもまた転職を繰り返す」と採用担当は必ず思います。

20代の転職で比較的転職回数が多くても大丈夫ですが、高回数の転職を繰り返していると人生終わる可能性は非常に高いです。これは20代だけに言えたことではありません。

【結論】転職回数が多い人は終わらない

「転職回数が多いと人生終わる」という考えはこの時代とても古い考えであると思います。昭和の頃の日本にさかのぼるくらい古いと私は思います。

これは転職を悪とする日本の培ってきた文化であり、転職回数が多いのは悪いという考えは世界でも日本ぐらいです。海外では転職すると「おめでとう!」と言われるらしいですよ。

ただ近年、一つの会社で働き続けるのもどうかという考えも出てきており、リモートワークの影響も強く複数の会社から収益を得る人が出てきています。

確かに転職回数が多いと門前払いの企業もあります。しかし逆に経験が強ければ転職回数は気にしないという企業も多く出てきています。これから先の未来、転職回数が多い=人生終わりという考えはどんどん薄れていくことでしょう。

…しかしながらまだまだ人生終わりの意識は強い!次からは終わらないための転職活動を解説します!

スポンサーリンク

転職回数が多い人が人生終わらない為の転職活動

時代は変わりつつある…しかし!まだ転職多い=ダメという意識は強い!この項目からは今転職回数が多くて困っている人に向けて人生詰まない為の転職活動の方法を解説していきます!

キャリアの一貫性を持たせる転職をしよう

これは何度も何度も言う様で申し訳ないのですが、転職回数が多い人はこれまでの自分の経験を活かす様な転職をしてください。今回の転職で最後と思っている方であれば別に気にしなくても良いのですが少しでも、数%でも転職する可能性があるのであればキャリアの一貫性は守ってください

キャリアが一貫していれば、転職をするのは比較的容易です。しかしながらキャリアの一貫性がなく、あれこれ職種を変えているとどこかで完全に終わります

そうなる前に今の職種または一番面白いと思った職種、経験が長い職種と同じ職種で転職活動をしてください。これをしないと「色んな職種を転々としている短期離職者」と見られてしまい書類選考ですら通るのが困難になってしまいます。

キャリア(職種)の一貫性は最も重要なのです。これが無い場合は世の中で言われる様に本当に人生が終わる可能性が高まります。

自分のキャリアや実績の棚卸をしよう

企業が中途採用に求めるのは即戦力という事は既に理解されていると思います。それではその即戦力という部分は自分のキャリアでいうと何なのかを棚卸しておきましょう。これは面接の際にも必ず聞かれる内容になります。

面接はプレゼンの場であるのです。私という商品はこんな経験をしてきて何に強くてその強みを活かしてこんな成果を出したことがある!という自分の売り込みをしないといけないのです。

その為にも自分のキャリアや実績の棚卸は必須です。

・どんな会社でどんな部署に在籍していたのか
・自分はそこで何を担当してどんな業務を行っていたのか
 (できれば細かく)
・その業務で何を課題と感じ
 どんな仮説を立てて
 何を実行して
 どう成果を出してきたのか。

特に3つ目がとても大切です。これを言わないと面接を受ける側はあなたが積んできた経験の深さを知ることが出来ないのです。ですので面倒くさがらずに細かい所まできちんと棚卸をすべきです。

この部分まで考えて口に出せるのと出せないのでは明らかに面接の通過率、内定率が違ってきます。

転職回数を気にしない会社を受けよう

転職回数を気にしない企業は結構あります。ではその様な企業は何を重視しているのか。それは「スキル・経験」です。ですのであなたがこれまでの会社でキャリアの一貫性がありスキルと経験を積んできたのであれば積極的に転職回数を気にしない会社を受けるべきです。

直近、2021年に私は古くからある誰しもが知っている企業の最終面接までいっていたのですが最終面接で落とされました。理由はその面接に出ていた取締役の一声だった様です。その理由とは

「転職回数が多くて辞めそうだから」

それ以外の人は内定でいいのではと言ってくれてたみたいですが。取締役は断固拒否。古くからある日本企業はやはり転職回数を気にする企業が多いのです。

こうなってしまうと「無駄な時間を費やした」だとか「精神的に疲れた」となってしまいあまり良い影響がありません。それであれば転職回数を気にしない企業を受けて自分を良い波に乗せる事も大切です。

そもそも、転職回数を気にしない企業ってどうやって探せばいいのか?という部分もありますが、そこは求人のプロの転職エージェントに直接聞いてみるのが良いです。

実際に私はエージェントに聞いてこの企業はあまり気にしない、等の情報を得ていました。

スポンサーリンク

転職回数が多くて転職活動に疲れたらフリーランスもあり

正直、転職回数が多くなると精神的に疲れる事が多々あります。「書類選考に通りづらい」「面接を受けても落とされる」「転職回数が多いからなんじゃ…」「早く内定を貰いたい焦り」本当に様々な事がありますし精神的に疲れる事も多いです。

そんな人は「フリーランス」という道もあります。個人事業主としてやっていく事ができるスキルがあるのであれば正社員より稼げて自分の経験を活かす事ができるかもしれません。

もしフリーランスという選択肢もあるのであれば、まずは自分のスキルはどれぐらい通用するのかという点を確認する為にも、副業からはじめてみるのも良いかもしれません。

【まとめ】転職回数が多くてもあなたは終わらない!

転職回数が多いと人生が終わるという言葉は「転職35歳限界」説と同様で前提などが全くないのであなたに完全に当てはまる訳ではないのです。

そんな言葉に惑わされる時間があるのであれば少しでも「自分のキャリアの棚卸」や「転職エージェントに登録」したりと行動をした方が確実にあなたの転職を前に進めます。

では、今回のまとめを書いていこうと思います。
転職回数が多い人の人生終わらせないためにする事。

・キャリアの一貫性を保つ転職をする
・キャリアの棚卸をする
・転職回数を気にしない企業を受ける
転職回数が多くても人生終わらない

転職回数が多くても上記を意識していけば人生を終わらせず、どんどんと自分を強くすることが出来ると思います!

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました