オンラインの面接はどうなる?知っておくべき事

オンラインの面接はどうなる?知っておくべき事|短期離職・コロナ転職・転職回数・しくじり転職ラボコロナ転職

今回はコロナ禍の面接に関して知っておくべき事を記載していきます。1年以上経ちましたがまだ落ち着いておりませんが徐々に企業側もコロナ禍の面接での仕組みが整ってきています。

私自身コロナになってから2回転職をしています。そこで感じたコロナの面接事情や、オンライン面接に使う場合のツールや作法など記載していきます。

コロナでの面接はオンライン面接?

密状態を緩和や、そもそもリモートワークの普及で対面での面接ではなくオンライン面接が主流となってきている様な状態にあります。

私はコロナになってから2桁以上面接をしましたがそのほとんどがオンライン面接でした。8割9割がオンライン面接です。世の中オンライン化が進んでいますが勿論「対面で!!」という企業さんもいましたがその数は少なかったです。

私はビズリーチやWantedlyを使っていたのですがそこでスカウトが来て返信すると、まずはじめはカジュアル面談となる場合が多いです。

カジュアル面談とは
カジュアルに会社の事や自分の事を話す場であり、面接ではありません。ですので面接ではタブーと言われる質問も気軽に聞けたりします。

カジュアル面談中やその後、「是非応募して欲しい」や「よかったらエントリーしてください」と来るのでエントリーすると書類選考または1次面接に進みます。

カジュアル面談って何を話すの?流れは?

先ほどにも書きましたが簡単に言うと「お互いの事を知る場」です。面接ではないので気さくな話ができると思います。だいたいの流れは以下の様になります。

▼カジュアル面談の流れ
企業側の軽い自己紹介、企業説明、求人の紹介

自分の軽い自己紹介or企業側からの軽い質問
(これまで何やってたんですかー?など)

会社や事業、募集に関して何か質問ありますか?

応募して欲しいorよかったら応募してください。

の様な流れがほとんどです。質問されますが雰囲気がカジュアルなので緊張する事は無いです。オンラインの場合は会社の紹介などは画面に資料を出してくれるのでわかりやすいですよ!

最後に「よかったら応募して欲しいのですが、どうですか?」と言われたら担当者としてはいいなと思っている場合が多いので是非応募してください!

一次面接はオンライン面接が多い

2020年以降一次面接はオンラインが多くなっています。「対面での面接で…」となる所は非常に少ないです。古くからある企業や古臭いとイメージをもっている業界でもオンライン面接が多くなっています

またリモートワークが多くなっている背景から担当者が出勤していない場合が多いのでオンライン面接が多いという点もあります。オンライン面接でも通常の面接と同じで聞かれることは変わりませんので十分な対策をして臨んでください!

二次面接や最終面接はオンライン面接じゃない場合がある!

一次面接はオンライン面接がメインですが二次面接や最終面接はオンライン面接ではなく、実際に会社を訪問して対面で面接をする場合が増えてきます

この理由として

・役員や代表取締役が面接官となる場合があるから
・実際に会ってみてその人の雰囲気を見たい

という理由があるようです。確かにオンライン面接だと明らかに情報量が少ないのです。だいたいは胸から上しか画面に映らないという事もあると思いますがオンラインとリアルであうのはだいぶ雰囲気が違ったりします。

これは情報量が違うんだなと思います。実際に対面でお会いすると「良い意味で違うね!」や身長など体格はこんな感じなんだね!と言われることが多いです。やはり話す内容だけではなく面接は色々と見られるんだなと思ったことがあります。

オンライン面接はどんなツールを使うの?!

オンライン面接となった時、会社によって使用するツールが違ったりします。入れてなかった!となる前にチェックして入れておくのがベストです!ここでは私が実際に使ったオンライン面接で実際に使ったツールを紹介していきます。

ZoomとGoogle meetがダントツで多い!

実際に2桁を超えるカジュアル面談や面接をしてきましたがオンライン面接などで使うツールはZoomかGoogle meetが多いです!

Zoomの使い方【導入編】 | 鹿児島のホームページ制作Frida(フリーダ)

Zoomはダウンロードする必要がありますので公式サイトからダウンロードしておきましょう。あとは企業側から送られてきたURLをクリックしてZoomを起動するというボタンを押せば勝手に起動してくれます。

デスクトップ版スマホアプリ版が提供されておりアカウントを作る必要は特にありません
Zoomのダウンロードはこちら

グーグル、ビデオ会議アプリ「Google Meet」一般向けに無料提供へ - ケータイ Watch

次にGoogle meetです。こちらは特にダウンロードは必要ありません。パソコンのブラウザで開けます。Zoomに次いで指定が多いです。ダウンロードは必要ないのですがGoogleのアカウントでログインする必要があったような気がします。ほとんどの人は持っているでしょうから特に問題はないと思いますが無い場合は作っておいた方が良いです!

ブラウザ版スマホアプリ版が提供されています。

あまり多くは無いけどたまに出てくるTeams

Microsoft Teams で通話が着信しない場合の対処法 | 翁 - OKINA のブログ | 外資系エンジニアの日常。

TeamsはMicrosoftが提供するサービスになります。Teamsは基本的に大き目の企業が指定してくる場合が多くたまに「Teamsで!」と指定があります。

ブラウザ版デスクトップ版スマホアプリ版が提供されていますが、Microsoftアカウントが必要となるので作っておきましょう。
Teamsのダウンロードはこちら

スマホのアプリを入れておくと緊急時に安心です!

zoomでもGoogle meetでもTeamsでもオンライン面接はオンラインという特性上トラブルは多いです。接続してみたら音声が聞こえない、家の回線が急に切れた!等のトラブルがあった場合、最悪中断となる事があります。

そんなことが無い様にそれぞれのスマホアプリを入れておくことをオススメします!もし家の回線が切れてもスマホであれば携帯会社の電波がありますし、音声トラブルもスマホなら起きにくいです。

実際に私はTeamsでの面談があった際、なぜかパソコンだとマイクを認識せず自分の声が聞こえないというトラブルに見舞われました。。しかしながらスマホにアプリを入れていたので急遽スマホアプリでログインして無事だったという経験があります。

ですのでスマホにもアプリを入れておくのは必須とも私は思います。

オンライン面接の作法とは

オンライン面接だとなかなか雰囲気などが伝わりづらかったりします。また身なりも対面での面接ではカチっと決めて気を使うのにオンラインだとそんなに気を使わないなど気の緩みが出てしまうのもオンライン面接の特徴です。

オンライン面接の作法を知って「だらしない人」と思われない様にしていきましょう!

会話の相槌を必ず打とう!

オンラインだと何もリアクションが無い場合「あれ?聞いているのかな?」となるので必ず相槌を打つようにしてください。常に「はい」と連呼するのも会話のテンポが悪くなる場合があるので、言葉に出すのは程ほどにして大きくうなづくなど言葉以外のアプローチも大切です。

オンライン面接は伝わりづらさがあるのでリアクションなどは多少オーバー気味にすると良いです。

また環境によっては自分の声が小さかったりしますので「声の大きさは大丈夫でしょうか?」などの声かけもはじめにすると良いです。

身だしなみはきちんと!服装、髪型、ヒゲに気を付けよう。

オンライン面接といっても面接ですので対面での面接と同様に身なりはきちんとして清潔感は大切にしましょう。

服装は業界にもよりますが「Yシャツにネクタイ、ジャケット」を上半身だけでも整えてください。私はIT業界ですので淡色のTシャルの上にジャケットを羽織る程度の時もありましたが大きい会社や理解がなさそうと思う業界はしっかりとした服装でした。

また服装同様に髪型にも気を使ってください。ぼさぼさであったりすると印象はとても悪いです。普段同様ちゃんと整えることが大切です。

また男性の方はヒゲは必ず剃ってください。少し伸びているけどオンラインなら見えないかと思っているかもしれませんが意外とわかります。Twitterなどでも意外とわかるんだよなーという様なツイートをちょこちょこ見るのでわかる&意外とみられています!

背景にも気を使ってください。

オンライン面接だと部屋が背景に映ります。バーチャル背景を設定しても良いのですがそれでも合成の切れ目からチラチラ見えてしまうことがありだらしなさがうかがえる時があります。

・背景はゴチャゴチャしてないか
・洗濯物などが映ってないか

最低でも上記を注意してください。意外と見られていますよ!

【まとめ】オンライン面接でも気を抜くな!

オンライン面接のあれこれを書きましたが、オンライン特有のトラブルや意外と気の緩みが出てくる場合があります。

オンラインのトラブルにはスマートフォンでもう一つの接続環境を作っておくのがとても大切ですしオンライン面接の作法的には大きなリアクションや声が聞こえるかの確認は必ずしましょう。

オンライン面接でも対面の面接と同じですので身なりをきちんと整えハキハキと喋るのが大切です。そこは気を抜かず臨んでください!しっかりと対策をしていけば大丈夫です!

通信トラブルが一番怖いのでその対策をしっかりしておけば怖いものなしです!がんばって内定を勝ち取りましょう!

この記事を読んだ人は以下の記事をよく読んでいます!

タイトルとURLをコピーしました