30代の転職は厳しい?30代の転職では何が重視される?

30代の転職は厳しい?30代の転職では何が重視される?|短期離職・コロナ転職・転職回数・しくじり転職ラボ転職の悩み

30代に入ってくると、今いる会社でこのままでいいのか?など色々と自分の人生において考える時期かと思います。

「未経験で最後の挑戦をしたいと思うけどどうなんだろう?」
「30代の転職は厳しいのだろうか?」

と思われる方も少なくありません。今回はそんな悩める30代の転職に関して30代で4回転職をしてきた自分がした事を書いていきます。30代の転職のリアルをお届けします。

まずは転職のニーズを知ろう!

転職とは、自分と募集企業とのマッチングですのでまずは企業側のニーズを知る必要があります。転職において厚生労働省のデータがありますのでそこからニーズを見ていきたいと思います。

まず以下の図をご覧ください。

こちらは平成27年の厚生労働省の調査に基づくデータで、転職者の内定の際に最も重視した要素のグラフになります。一番高いのは「これまでの経験・能力・知識」となっており企業側の転職ニーズはやはり「これまでの経験」という部分が見て取れます。

そもそも30代の転職は厳しいのか?

よく「転職35歳限界説」がありますがこれには前提が無いのです。

経験してきた業界、業種での転職であれば正直30代の転職は厳しくありません
逆に未経験での30代転職であれば厳しいです。

それなりに経験がある転職であれば30代の転職は厳しくないです。それでは30代で経験やスキルがある場合の転職から見ていきたいと思います。

30代の転職ニーズで求められること

30代となると1社で働いてきた人は10年前後のキャリア、経験を積んできた事となります。前項で転職市場において求められている事は「これまでの経験」という事はわかりました。ではその中の経験で評価される部分はどこなのでしょうか?

経験してきた職種の深さ

これはまず大前提となります。これまであなたはどんな職種でどんな経験をしてきたのか、そこでどんな功績をあげてきたのか、という部分が非常に重要となってきます。

ですので、応募職種とこれまでの職種がマッチしていない場合は若干厳しい戦いとなります。転職者=経験者という企業側が思っているニーズとマッチしないからです。

異業界に転職する場合でもこの部分は非常に重視される所で、意外とこの業界での経験は重要視されない傾向になると私は思います。実際に金融関連のサービスを扱う会社に入った事もありますが私はそれまでに金融業界は全くの未経験でした。

しかしながらなぜ内定が出たのかというと「企業側のニーズ」と「自分のこれまでの職種の経験」がマッチしていたからです。

この様に転職者はこれまでの経験を武器にして転職をすると成功率が上がります

30代の転職はマネジメントの経験も評価される!

30代の転職となるとある程度の業種経験と別に評価されるポイントがあります。それは「マネジメント」してきたかです。

結構、「これまでマネジメント経験はありますか?」と面接の際に聞かれます。これはなぜなのかと言うと一つは「年齢」という部分があると思います。

30代というと中堅として活躍して欲しいという企業側のニーズがあるからです。作業者としてではなく「プレイングマネージャー」的な役割を企業側は求めているのです。また、将来的に「まとめる存在」になってもらいたいという部分もあります。

ですのでマネジメントスキルという部分も重視してきます。もしご自身にマネジメントしてきた経験があるのであれば以下の項目を整理しておくと非常に有利となります。

・マネジメントしてきた人数
・どのようにマネジメントしてきたのか
・マネジメントする時に重要視してきたことは?
・メンバー評価まで行っていたのか

30代未経験の転職は厳しい?

それでは次に、30代での未経験職種での転職について書いていきます。

30代での未経験職種の転職は非常に厳しいと思います。なぜなら企業ニーズは「経験者」に対してこれまでの経験を捨てて挑戦しないといけないからです。これだとニーズがマッチングしてないので厳しいと判断されてしまうのです

では未経験では絶対に転職できないかというとそれも違います。実際に未経験での転職を成功させた人は沢山いますし自分の周りにもいます。ではその人達はどうやって転職したのかを見ていきます。

業務経験は無いけどプライベートで経験を積んで未経験転職した人の例

実際に自分の知人で未経験の転職をした例をあげてみます。

その知人は31歳でそれまで飲食業界で経験を積んでいたのですがこれからこのままで良いのかと考えるようになり「IT業界」に行きたいと思い始めました。しかしながらIT業界での経験は一切ありません。そこで彼は自分で勉強をはじめたのです。webサイトを作ったりweb広告を運用してみたりしたそうです。

そこで彼は実績を作ったのです。「サイトを構築した経験」「web広告を自分で運用してきた」という実績です。そして彼はその実績を数字を出して面接の際にアピールしたそうです。

・サイトは何で作って、月にどれぐらいの人がきていた。
・web広告は何を運用して月にいくら使っていた

などを細かく説明したそうです。そして彼は内定を勝ち取り今でもその会社で働きチームリーダーとして活躍しています。

未経験から業務経験が無い経験者になるのが大切

30代の未経験転職は20代の頃の様に「これをしたいから!」だけではなかなか厳しいものがあります。そこで何をしたらいいのかという部分は前項を見た方であればもうお分かりだと思います。

実際に働いた経験はないけど「この業界で働きたいからプライベートでこういう事をしている」を作るのが大切なのです。その実績を語る事により未経験から実務経験が無い経験者に格上げさせるのです。

これは未経験で何もしたことが無いですという人よりかなり強いと思います。ただ中途半端だと未経験と同じです。

例えば「未経験で働きたいのでこの業界についての本を読みました」よりも「この業界で働きたいのでこの業界に関する本を30冊読みました」の方がインパクトがあります。それを言ったうえで面接官とその業界談義なんかできればより良いです。

本だけだと少し弱いですが、他にも色々あると思います。その会社が提供しているサービスをめちゃくちゃ使っている、ボランティアだけど週末手伝いをしている等経験しようと思えば色々とできます。

業務未経験でもその業務をプライベートで経験しているというのはやはり強いです。

未経験okの求人だけを狙っていくやり方もある

「企業のニーズ」と「求職者のスキル経験」のマッチングが大切と言っていますが、闇雲に応募していても当たり前にニーズが違うので成功率は下がります。未経験で転職を成功させるのであればそのニーズを合わせれば良いのです。

どうしてもその業界で働きたいのであればその業界の未経験求人に応募したら良いのです。ただ未経験の求人はやはり未経験であるので年収は下がる可能性が高いです。

【まとめ】30代の転職を成功させるには

30代の転職は厳しいのか、経験者、未経験者で分けて見ていきましたが、転職の成功とは何なのかを考えるのがとても大切だと思います。

あなたの転職の成功とは何なのでしょうか?転職したら成功?経験職種で年収を上げた転職が成功?未経験でも希望する業界に転職出来たら成功?色々あると思います。

その希望に対して30代の転職は厳しいのか?と言う部分は変化していきます。自分の希望や転職の成功はどこなのかという目標をしっかり定めてその為に何をやればいいのかをしっかりと把握するのが30代の転職の近道です!

この記事を読んだ人は以下の記事もよく読んでいます!

転職の悩み
スポンサーリンク
SNSもやってます!
しくじり転職ラボ|短期離職・コロナ転職・転職回数が多い。すべて経験した体験談
タイトルとURLをコピーしました